システム化でリスク回避|sfaシステム導入による営業戦略の立案|より良い組織を目指して

sfaシステム導入による営業戦略の立案|より良い組織を目指して

システム化でリスク回避

婦人

企業内における経理業務の中には、売掛金の入金消し込み処理といった業務が含まれているかと思います。売掛金の入金消し込み処理というのは、企業が顧客に対して代金請求を行なった際、その顧客が期日内に請求内容通りの代金を支払った際に賃借対照表の売掛金を消す作業です。多くの企業の中には、この作業を手作業で行なっている企業が存在するかと思います。ここでは、入金消し込み処理のシステム化について知っていきましょう。まずは、手作業でこの業務を進める際に発生するデメリットから考えていきます。

手作業で入金消し込み処理を行なった場合、顧客が本当に請求通りの金額を入金したかどうか振込入金明細を通帳やネットバンクからダウンロードする必要があります。そして、ダウンロードした振込入金明細に記載されている情報と、企業が扱う管理台帳上の売掛金を照合しなければならないのです。これらの処理を手作業で行なう際には、様々なリスクが発生します。基本的に、この作業は数十件から数百件の照合を目視・手作業で行わなければならないため、ヒューマンエラーが発生する確率が高いのです。入金消し込み処理でヒューマンエラーが発生した場合、債権回収不可能・二重請求といったトラブルが引き起こされる可能性があります。入金消し込み処理をシステム化した際には、そういったリスクを回避することができるようになるのです。もし、まだ入金消し込み処理をシステム化していない企業があるならば、一度システム化について検討してみることをお勧めします。